2019.03.15 Friday

アートフェア東京2019に参加しました

0

    JUGEMテーマ:展覧会

    3月7日〜10日までの4日間、みぞえ画廊はアートフェア東京へ出展してまいりました。ブースでは宮崎を拠点に活躍の場を世界に広げるアーティスト、小松孝英の個展を開催しました。彼が生まれ育った宮崎の自然「SATOYAMA」をテーマに、変わりゆく生態系を描いた作品群です。

     

     

     

     

    今回の展示で1番の見どころは、小松氏が絵を直筆で施したアートヴィンテージカー「里山号」の登場です!国際フォーラムに車が入ったのは初めて…とのお言葉を頂きつつ、スタッフの総力を上げてなんとか会場へ搬入することができました。小松氏も手塩にかけたアートカーの搬入の様子をひやひやしながら見守ります。

     

     

    里山号は1968年式のマツダK360(通称:けさぶろう)という車種のクラシックカーです。めずらしい三輪タイプの車を前に「なつかしい!」「子供のころに乗ったことがある!」と通りがかりのお客様も足を止めて、じっくりとご覧いただきました。もちろんこのアートヴィンテージカーは展示と販売をしております。

     

     

     

    みぞえ画廊のブースは出入口のウィンドウそばで、ガラス越しに入口外からも里山号を見ていただけます。

     

     

    小松氏自身が"挑戦"と言う、琳派風の従来の古典的画風から進化した抽象的作品も展示しました。この作品は銀箔とアクリルで描かれていますが、あえてコーティングをしておらず、空気に触れることで徐々に箔の風合いや色味が変化していきます。人間が里山に残していった物が、空気に触れて酸化していく様子を絵画と立体で表現しています。転換期を迎えるアーティスト、小松孝英の持つ世界にぜひ今後もご注目いただきたいところです。

     

     

    ブロンズ 高さ 36.2cmA. Giacomettiの刻印
    エディション 4/6 1956年制作 1957年鋳造

     

     

    さらに、アルベルト・ジャコメッティの「ディエゴの肖像」も特別展示させていただきました。各メディアからの注目度も高く、テレビや新聞社などの取材クルーが度々、ジャコメッティを撮影し取り上げてくださいました。写真はみぞえ画廊の阿部和宣と、東京画廊の山本豊津氏の解説インタビューの様子です。

     

     

    アートフェア東京2019の期間中は様々なゲストの方々にお越しいただきまして、誠にありがとうございました。また今回の出展につきましてサポートいただきました関係者の皆様にはスタッフ一同、厚くお礼申し上げます。今後とも、みぞえ画廊を宜しくお願申し上げます。

     

    2018.12.10 Monday

    【福岡店】 ミニコンサートを開催しました!

    0

      いよいよ冬到来となりました。みぞえ画廊福岡店ではついに「クリスマスアートフェア」がスタートしました。いつもご愛顧いただいておりますお客様へ、一年間の感謝を込めてご奉仕価格にて約80点の作品を展示中です。

       

      クリスマスアートフェア

       

      フェア開催を祝して、12月9日(日)にはオープニングイベントを開催させていただきました。メインイベントは2時からのミニコンサートでした。今回の展示の見どころの1つである織田廣喜特集にちなんで、メランコリックな少女やフランス風景の絵画を背にアコーディオンとギターを生演奏していただきました。ご出演いただいたのは、福岡を拠点に活動されているバンド“ブッカブッカ”さんです。

       

      クリスマスアートフェア

       

      織田廣喜の作品

       

      よく見るとアコーディオニストの赤い帽子が、うしろの少女の絵そのままの様でつい…見とれてしまいました。

       

      クリスマスアートフェア

       

      織田廣喜の作品

       

      フランスに憧れた画家の想いを、ミュゼやシャンソンの曲に乗せて演奏してくださいました。つい自然と体が揺れて、巴里の街角にいるようなムードある演奏会となりました。名曲「愛の賛歌」が終わると歓声が沸くなど、お客様の心に描く思い出や風景を照らし合わせて聴いていただいたようです。クリスマスソングあり、画廊スタッフによる織田廣喜についての作品解説やサプライズダンスもあり、より一層深く絵画に触れていただいたようです。

      ⇒過去に開催した「織田廣喜展」の記事はこちら

       

      クリスマスアートフェア

       

       

      ご出演いただきましたブッカブッカのお二人さま、この度は素晴らしい演奏とパフォーマンスをありがとうございました。フランスの画家ポール・アイズピリ作 "少年像"前で記念撮影させていただきました。お二人ともまるで絵画から飛び出してきた音楽家のようでした。クリスマスアートフェアは12月25日(火)まで開催しております。みなさまのご来廊をお待ちしております。

      JUGEMテーマ:展覧会

       

      2012.04.08 Sunday

      アートフェア東京2012報告

      0
        アートフェア東京2012行ってまいりました。
        ご来場頂いた方々に心より感謝いたします。

        こんなビックゲストもいらっしゃいました!なんと麻生太郎先生。。
        色鉛筆の作品の前で一枚頂きました。
        作品には大変興味をもたれたようでした。


        新聞と自画像の作品群もご鑑賞いただけました。


        中央の大きな作品は活字の一つ一つ手書きであることや、
        新聞紙に自画像を毎日描き続けていたことなどの説明を、
        大変お楽しみいただけたご様子でお帰りになりました。
        ありがとうございました。

        これより数時間前は展示に追われていました。
        三枚のパネルを繋げて展示するのはいつも骨が折れます。

        ああした方が良かった、こうしてみようか、など、新しい発見が多くありました。
        無事に展示が終わり、来場された方々がぞくぞくといらっしゃいました。



        小品は見る見るうちに売約が決まり始め・・・・




        小さなブースでしたが、沢山の方々が、色鉛筆で描かれた作品を間近で見ようと、人だかりが。
        一度訪れて、会場を見て回ってから、再度来られる方も。

        また、一枚1000円で販売しておりました「新聞と自画像」(シルクスクリーン作品)も大変ご好評頂きました。ジャパンタイムスのブースも会場内に在りましたが、プレジデントの方がいらっしゃって、「ブースに展示します」と一枚ご購入いただきました。
        ありがとうございました。

        そのほかの新聞社の方も、おおいに関心を示され、それぞれの紙面を選んでお買い上げいただけました。


        4月1日には吉村芳生先生が参戦致しました。右から二番目です。
        自画像の通りだっ!

        初めてのアートフェア東京参加で、至らない点も多かったと思いますがお楽しみいただけたでしょうか。
        ご購入いただいたみなさま、芳名頂いたみなさま、ご来場いただいたみなさまに深くお礼申しあげます。
        Calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM