<< 望月菊磨展、いよいよ最終日となります | main | 没後25年平野遼展 2017年3月4日より開催中! >>
2016.12.13 Tuesday

アフターセールが始まりました!「博多画傳三傑展 ー仙僉Ψ明隋α瓜囲此 博多町人文化の華」

0

    JUGEMテーマ:展覧会

     

    アジア美術館で開催いたしました、「博多画傳三傑展 ー仙僉Ψ明隋α瓜囲此 博多町人文化の華」は、短い会期だったにもかからわず、来場者は1010名を記録し、博多出身の芸術家への関心の高さが感じられました。

     

     

    12月10日より、みぞえ画廊福岡店では、前述の展覧会のアフターセールを開催しております。(共催:兒嶋画廊)

    アジア美術館で展示した作品の一部と、さらに展示していなかった作品も加え、106点作品がございます。

    ※一部、倉庫にしまっておりますので、お尋ねください。

    児島善三郎さんは、みぞえ画廊でも取扱いがありましたが、仙儺想陲気鵝冨田渓仙さん、の両名の作品は初めての展示となります。

     

    仙儺想陝1750〜1837)といえば、仙冢他阿量召膿討靴泙譟江戸時代を代表する禅僧の一人です。

    軽妙洒脱な禅画などの作品を数多く残し、出光美術館にも多く所蔵されています。

    風刺に満ちた警句や、博多の民衆との交流から生まれたユーモアにあふれた逸話も有名です。

    冨田渓仙さんの祖父にあたる富田久右衛門さんは、 「素久さん」と博多の人から親しまれていた素麺屋(そうめんや)ですが、できたてのボタ餅を仙僂気鵑某べさせようと、 粉がいっぱいついた仕事衣を着たままとどけに行ったところ、 仙僂気鵑蓮屬舛腓辰搬圓辰箸なさい」と、法衣に着替えてきて、うやうやしく頂戴されました。 びっくり顔の素久さんに、仙僂気鵑蓮◆屬△鵑燭商売着を着ていなさるから、わたしも商売着を着て、 ありがたく受けないと失礼になる」と答えられたそうです。(参考ページhttp://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/furusato_rekishi/hakata/007/01.html)

    展示中の作品の中にも、玉せせり、四王寺山、虚白院(聖福寺)と、博多の文化や土地が登場します。

     

     

    玉せせりは1月3日に行われる神事です。競り子(祭りの参加者)の競り進む様子が、ユーモラスに描かれています。松、灯篭、鳥居なども描かれ、大変おめでたい作品です。

     

    冨田渓仙(1879〜1936)は、博多区麹屋町、現在の下川端に代々続いた素麺製造業の家に五男として生まれました。

    京都に出て、都路華香に師事し、様々な分野を研究しながら、各地を旅し研鑽を積みました。

    仙僂簓找鉄斎に傾倒しながらも、西洋の表現主義をも取り入れ、奔放な作風を築いた日本画家です。

     

    左)「鵜舟」、右)「蘭亭曲水」

     

    1912年の文展に、「鵜船」という作品が入選したことをきっかけに、横山大観に認められました。二人の交遊は続き、溪仙の死後も、横山大観はその早すぎる死を悼み、数百年に一度しか現れないような偉い画家であるとの言葉を贈りました。

    当店に展示中の、「鵜舟」は、文展入選と同年ごろのもので、図柄もよく似ています。墨の1色のみですが、水面の輝く様子までもが伝わります。また、「蘭亭曲水」などの鮮やかな山水画には、富岡鉄斎の影響が伺え、南画風です。

     

    やわらかくシンプルな筆致で描かれる動物や人物は、仙涯和尚の影響でしょうか。様々な描き方を自在に操っています。

     

    2階会場では、児島善三郎の油彩のほか、掛け軸や、水墨の作品などの珍しいものも展示しています。

     

    墨の濃淡だけで、児島善三郎の色鮮やかな絵画世界が完成しているように思えます。

    櫛田神社、太宰府天満宮、筥崎宮を描いた作品も展示販売中です。

     

    児島善三郎(1893〜1962)は、福岡市中島町に生まれた洋画家です。渡欧の後、西洋美術の骨格を大事にしながら、東洋的油彩画を完成させたとして、現在も高い評価を得ています。

     

    児島善三郎の作品だけでも、手ごろな大きさの花や風景画のほか、60号の人物画など、30点が並び、重厚な内容となりました。

     

     

    ほかで類を見ない三者の協奏的な展示です。ぜひご覧ください。

    スタッフ

     

    ※期間限定でwebshopにも一部掲載しています。こちらもぜひご覧ください。

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM