<< 光行洋子展 Reproduce「再生」19日まで。 | main | 【東京店】銀杏の会 〜贈り物としての作品展〜 >>
2017.11.18 Saturday

【東京店】奥山民枝展−雲の記憶−

0

    JUGEMテーマ:展覧会

     

    奥山民枝展 ―雲の記憶― が始まりました。

     

    田園調布ギャラリーでは3年ぶりとなります。

     

     

     

    オープン初日、「旅と絵と」と題して奥山先生によるギャラリートークがありました。

     

    『小さい頃に「まっすぐ歩いていくと真後ろからまた元の場所に戻ってくる。」と聞きました。

    球体という概念はまだなかったのですが、ずっとその言葉が頭の片隅で残っていました。

    大人になって、飛行機の窓から外を眺めながら、地球は案外小さいと感じ、少し不安感に

    襲われました。地球は脈打って動いている、と。生き物に感じられました。

     

    20代半ば、スペインを旅して、裕福な人間がいる一方、貧困の中で暮らす人々、色々な

    世界を見て、自分の生きている社会だけが基準ではないと感じ、モノサシ、世界観が崩れ

    ました。

     

    科学的な知識が好きで調べていきましたら、水は不思議な分子だと分かりました。H²O

    水素二つと酸素一つは104.5度で繋がっていて、命の角度と呼ばれます。私たちの存在

    自体は、宇宙の一部、星のかけらだという思いに至りました。

    2年ほど前、南仏の研究機関で人間の血液を調べたところ、太陽系を構成する元素と

    人間の元素の組成、数が一致する、つまり太陽系元素で人間は成り立っていると分かっ

    のです。

     

    “人間とは何か”が制作の大きなテーマになりました。

    いのちの素、元素とは何かということで一つの答えとして元素と太陽を重ねて描いています。

    太陽も人間も同じところにいる、そのことを確かめるために旅をするのです・・・』

     

    左『太陽の謎』、右『雲の記憶 '17-1』

     

    『青日』

     

             

              上 『雲の種-33』、下 『雲の種-18』

     

     

    奥山先生の制作への想いを伺い、皆さまと和やかなひと時を過ごしました。

     

    奥山民枝展は26日(日)まで開催されています。

     

    秋が深まり、みぞえ画廊の庭の木々も色づき始めました。

    心地よい季節、是非画廊にお運びいただき、ご高覧賜りたくご案内申し上げます。

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM