<< 【東京店】取扱作家から毎週1作家一点ずつご紹介。 第4回は、鴨居玲(1928年〜1985年) | main | 【東京店】取扱作家から毎週一作家1点ずつご紹介。 第6回は、小松孝英(1979年〜  ) >>
2018.08.03 Friday

【東京店】取扱作家から毎週一作家1点ずつご紹介。 第5回は、猪熊弦一郎(1902年〜1993年)

0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞

    みぞえ画廊のコンセプト:「流行や時代に左右されない、上質な作品、作家を提供」をもとに、セレクトした取扱作家から毎週一作家、今回は2点ご紹介します。

     

    第5回は、猪熊弦一郎(1902年〜1993年)

     

        

    《婦人像》油彩P10号                        《都市生春》油彩F6 1975

     

    猪熊弦一郎は高松に生まれ、20歳で東京美術学校洋画科に入学、藤島武二に師事します。帝展入選などを経て、新制作派協会を設立。

    1938年猪熊35歳の時、夢がかない夫人とともに船でパリへ向かいました。すでに有名になっていた藤田嗣治、岡本太郎など様々なアーティストとの交流が始まったのもこの頃です。

    猪熊は、誰よりも会いたかった憧れの人、アンリ・マティスに会うためニースのアトリエを訪ねます。その1年後、油彩やデッサンを抱えてマティスに見せに行ったところ「きみの絵はうますぎる」といわれます。

    褒め言葉ではなく、自分の絵になっていないという指摘を受けました。マティスへの共感と憧れ、その影響から離れて自分自身の絵をつくることに葛藤し続けます。パリ滞在の2年間に描いた膨大な作品を、その後40年間猪熊はしまい込んだまま発表しませんでした。

     

    渡仏した翌年第二次大戦が始まり、藤田嗣治夫妻と猪熊夫妻は一緒に疎開生活をするほど親しく付き合っていました。藤田の紹介でピカソとも知り合い、マティス、ピカソ、さまざまな巨匠たちの影響が色濃く残る2年間を過ごし1940年に帰国します。

     

    戦後間もない1950年(猪熊48歳)三越の包装紙「華ひらく」をデザイン、斬新な抽象画が生まれます。翌年、JR上野駅の壁画「自由」も完成しました。

     

    1955年(52歳)、画業をやり直すため再びパリへ向かいますが、途中ちょっと立ち寄るつもりだったニューヨークで、そのエネルギーに惹かれ、そのまま20年、72歳になるまでニューヨークに住み続けることになります。

    イサム・ノグチ、ジャスパー・ジョーンズ、マーク・ロスコ、ジョン・レノンとオノ・ヨーコなど、様々な芸術家が猪熊のアトリエに集まり刺激を受け合う日々を過ごします。ニューヨークでの創作活動で、長くもがき続けた具象画を断ち切り、一気に抽象へと移っていきます。

    猪熊は“どんな年になっても挑戦を恐れない勇気”を持っていたのだと思います。

     

    猪熊弦一郎初期の作品《 婦人像 》は東京店にて展示中です。ぜひ、ご覧ください。

    *《都市生春》は福岡店でご覧いただけます。

    https://mizoe-gallery.com/products/list?category_id=&name=%E7%8C%AA%E7%86%8A

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM