<< 【東京店】取扱作家から毎週一作家1点ずつご紹介。 第5回は、猪熊弦一郎(1902年〜1993年) | main | 【東京店】取扱作家から毎週一作家1点ずつご紹介。 第7回は、永 武(1947年〜  ) >>
2018.08.10 Friday

【東京店】取扱作家から毎週一作家1点ずつご紹介。 第6回は、小松孝英(1979年〜  )

0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞

     

    みぞえ画廊のコンセプト:「流行や時代に左右されない、上質な作品、作家を提供」をもとに

    セレクトされた取扱作家から毎週一作家、1点ご紹介します。

    今回は今まさに活躍中の現代作家を取り上げます。

     

    第6回は、小松孝英(1979年〜  ) 

     

    小松孝英は、日本在来種と外来種の生き物、それらの生態系の変化や生物の多様性をテーマに描いています。国内外の個展で作品を発表、世界8ヶ国13地域のアートフェアに出品しています

     

    『雨あがり』 油彩F6号

     

    代表的なモチーフは蝶で、美術家としてスタートした時から描き続けている題材です。こどもの頃、虫取り網を持って走り回った野山や川、どこにでもいたゲンゴロウ、カミキリムシ、クワガタを、このたった20年ほどで見かけなくなりました。護岸工事や農薬による環境破壊、里山の減少、明治以降日本に入ってきた生命力の強い外来種の登場などで、身近な生態系が劇的に変化してしまったのです。

     

    小松孝英は琳派の流れをくむ技法で、琳派の時代には決して描けなかった題材に取り組んでいます。「今の時代をとらえ、今の時代を残していくこと。そして守りたくても守れない自然に対するジレンマなど、環境問題に代表される時代の矛盾を作品で訴えていくことがアーティストの仕事だと思っています」と小松孝英は語っています。

     

    「外来種群蝶図」100号が、2010年の国連COP10「生物多様性条約第10回締約国会議」に特別展示され、国連生物多様性条約記念ミュージアムにコレクションされました。

    LEXUS NEW 匠PROJECTは、伝統技術に自由な発想を掛け合わせ、前例のないモノづくりに挑む匠を全国から選出するプロジェクトです。美しく羽ばたく蝶と生態系の変化をデザインしたアロハポロシャツ「ミヤザ着」で小松は2016年「匠」52人のひとりに選ばれました。

    シャツの表には蝶をあしらい、裏には稲を食害する外来種「ジャンボタニシ」と激減した「タガメ」をデザインし、宮崎の今を考えさせるきっかけをつくりました。

     

    小松孝英『雨あがり』は東京店にて展示・販売中です。ぜひ、ご覧ください。

    その他、在庫作品はこちらをご覧ください。

    https://mizoe-gallery.com/products/list?category_id=&name=%E5%B0%8F%E6%9D%BE%E5%AD%9D%E8%8B%B1

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM