<< 【東京店】取扱作家から毎週一作家1点ずつご紹介。 第6回は、小松孝英(1979年〜  ) | main | 【東京店】取扱作家から毎週一作家1点ずつご紹介。 第8回は、望月 菊磨(1945年〜  ) >>
2018.08.17 Friday

【東京店】取扱作家から毎週一作家1点ずつご紹介。 第7回は、永 武(1947年〜  )

0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞

     

    みぞえ画廊のコンセプト:「流行や時代に左右されない、上質な作品、作家を提供」をもとに

    セレクトされた取扱作家から毎週一作家、1点ご紹介します。

    今回も今まさに活躍中の現代作家を取り上げます。

     

    第7回は、永 武(えいたけし 1947年〜  ) 

     

    『どきどきしたいな』 木に油彩・テンペラ 54.5x61.0cm

     

    デザイナーとして広告代理店に勤務していた33歳の時、自身の内面と向き合う芸術の世界へと方向転換し2009年には福岡県糸島市の、鍛冶屋跡を改装したアトリエに活動拠点を移します。

     

    糸島という土地は、朝鮮半島、中国大陸と近く、古来より海のむこうからやって来た人々と交流がある場所で、訪れ、出会い、帰っていく、今もアーティストがやってきて過去から未来へとつながっている地域だと思わせます。

    〈糸島国際芸術祭 糸島芸農〉は糸島内外で活動する多様な専門家が集まり、互いに刺激し合いながら芸術祭を開催し、芸術と地域社会の関係性を発信しています。永武は毎年この芸術祭に参加していますが、今年4月の糸島国際芸術祭では、前原商店街に残る築110年の町屋で「かた隅の肖像 永武作品展」が開催されました)

     

    永武は人物や冬瓜をモチーフに長年描き続けており、この『ドキドキしたいな』は、持ち重りのする厚み3cmほどの木材に、緻密に産毛までみえる冬瓜が描かれています。古典的な技法である顔料と卵を混ぜて描くテンペラ画を中心に制作していますが、モデルを使わずに描いた人物画は、詩情あふれる愁いをたたえた人物を独特の感性で描いています。

     

    「アートは自分を表現するもの。自然物を使うこと」が創作の原点にあり、廃材や海辺の流木、道でふと目にとまった捨てられているモノがアトリエに置かれています。「素材に作らされている」という永武の手によって、命が吹き込まれオブジェになって現れます。ピンクのフジツボを纏った貴婦人、松笠を被ったゴスペラー、魚網を手に遠くを見つめる人、『石になったわ・た・し』と題した岩に覆われた鳥、『月夜のハンター』と題した精悍な動物、空飛ぶサーファー。存在感のある、それはそれは楽しい永武の世界です。

     

    永武『どきどきしたいな』は東京店にて展示・販売中です。ぜひ、ご覧ください。

    https://mizoe-gallery.com/products/list?category_id=84

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM