<< 【福岡店】 豊福知徳ギャラリーがOPENいたしました! | main | 【福岡店】 弓手研平展 ライブドローイングとギャラリートークを開催しました >>
2018.09.14 Friday

【東京店】9月15日から 平野 遼展 − 始まりと終わり− がスタートします。

0

    JUGEMテーマ:展覧会

     

    みぞえ画廊のコンセプト:「流行や時代に左右されない、上質な作品、作家を提供」をもとにセレクトされた取扱作家から毎週一作家をご紹介します。

     

    今回は、第9回でご紹介した平野遼(1927年〜1992年)になります。東京店にて915日から平野 遼展 始まりと終わり− がスタートします。

     

     

    東京店内和室展示風景(通称、平野ルーム。和室奥に腰掛けたり、畳に座って鑑賞できます)     

     

    平野遼は1927年大分県に生まれ、独学で描くことをはじめます。1949年(22歳)の時に蝋画(ドイツ語でEnkaustik 美術史上最古の絵画技法のひとつ。着色した蜜蝋を熱で溶かしながら描く。現代ではジャスパー・ジョーンズがこの手法で制作した作品がある)という手法で描き、注目されます。本展にも初期の貴重な数点を展示しています。これが「始まり」の部分になります。

     

    自身の独自表現を模索した初期から、自己の内面を抽象的表現の中に見出した晩年。1987年にその画業を総括する「平野遼の世界展」が北九州市立美術館で開催されますが、その5年後、1992年(65歳)に平野遼は亡くなります。本展のもうひとつのテーマ「終わり」の作品群として1980年代に描かれた80100号の大作を初展示しています。この作品群は、平野遼に近い方が長年倉庫に保管していたものを、当画廊がまとめて入手しました。保存状態が芳しくなく人目にふれず眠っていた大作群が、長期修復作業からもどり、今回の初展示となりました。

     

    晩年の大作6点を、当画廊の和室に相対するかたちで展示し、あたかも川村記念美術館の「ロスコ・ルーム」を想起させるインスタレーションになっています。和室の畳に座ってじっくり体感することをおすすめします。展示してみてギャラリストとして気が付くことがあると、あらためて実感した今回の展示作業でした。

     

    【平尾 遼 展 - 始まりと終わり - 】9月15日(土)〜30日(日)東京店にて開催いたします。

    一貫して人間、特に自己の内面、心の闇と光を描き続け「魂の画家」と呼ばれた洋画家平野。自身の表現を模索し続けた画家の黎明期、具象的表現の中に人間の闇を描いた成熟期を経、抽象的表現で「闇」の中の「光」、「宇宙」の中の「生命」を求め、内発する感情をぶつけるかの様に描いた晩年の作品群。本展では、1950年代以前の作品と、’80年代以降の作品に焦点を当て、知られざる画家の実像に迫ります。(ym)

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM