<< 【福岡店】 新春名品展を開催中です | main | 【東京店】取扱作家から毎週一作家1点ずつご紹介。第18回は、香月泰男(1911年10月25日 - 1974年3月8日) >>
2019.02.03 Sunday

美の巨人たち、吉村芳生とその追憶

0

    昨夜、テレビ東京系で”美の巨人たち”が放映されました。特集された"今日の一枚"は…吉村芳生の「新聞と自画像」。北京オリンピックの歓声が聞こえそうな新聞記事と、その上に描かれた自画像はすべて手で描かれています。実はその作品、みぞえ画廊が所蔵させて頂いているもののひとつです。実際は80号と大きな作品ですが、吉村大星さんは新聞の実寸で描画技法を見事に再現されていらっしゃいました。特に細部の一字一句や模様はとてつもない集中力との闘い、そしてアトリエでずっと見てきたお父様の後ろ姿をご自身に宿らせていたのではと…放送を見ながら想像を膨らませていました 。

     

     

    みぞえ画廊と吉村芳生氏の出会いはかれこれ10年前にさかのぼります。2010年に最初で最後の個展を開きました。その時にケシやコスモスの"花"シリーズの大作、そしてテレビ放映された手描きの"新聞と自画像"シリーズを展示しました。吉村氏には在廊いただき、福岡店でギャラリートークをしていただきました。スタッフの誰ひとりとして、その後の早すぎる訃報はまったく想像すらしていませんでした。

     

    吉村氏がファーバーカステル社の色鉛筆を愛用されていたご縁で、没後2014年にファーバーカステル8代目伯爵が来日し、吉村氏の作品を見に東京店へ来廊されたこともありました。

     

    吉村芳生氏とのはじまりから今日まで、過去の当ブログの記事から思い出を振り返りたいと思います。

     

    2010.07.24 吉村先生によるギャラリートーク
    2010.07.30 吉村芳生展、二階のご紹介
    2010.08.07 吉村芳生展も残すところ2日となりました。
    2010.08.09 吉村芳生展 会期終了いたしました。
    2010.11.20 山口県立美術館・吉村芳生展に行きました。
    2011.01.23 吉村芳生先生が出品するグループ展のお知らせ
    2017.10.27 吉村芳生先生とファーバーカステル社との絆を繋いで

     

    そして没後5年たった今年、東京ステーションギャラリーでの大回顧展「吉村芳生 超絶技巧を超えて」は会期を終了し、巡回で広島の奥田元宋・小由女美術館にて2019年2月22日(金)〜4月7日(日)に開催予定となります。

     

    そして、みぞえ画廊では東京店の個展を終え、次は福岡店にて3月に吉村芳生氏の個展を開催いたします。ご興味を持たれた方は、まず回顧展をご覧いただき、その偉業のかけらを手元に残したいと思われた方は是非、みぞえ画廊へご来廊くださいませ。

     

    吉村芳生 超絶技巧を超えて 広島展

    画家吉村芳生公式WEBサイト

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM