<< 【東京店】取扱作家から毎週一作家1点ずつご紹介。 第20回は、梅原龍三郎(1888年〜1986年) | main | 【東京店】取扱作家から毎週一作家1点ずつご紹介。 第21回は、児島善三郎(1893年 明治26年 〜 1962年 昭和37年) >>
2019.05.12 Sunday

【福岡店】 西洋名画コレクション展は会期を5月15日(水)まで延長いたしました

0

    ゴールデンウィークは、みなさまいかがお過ごしでしたか?

    みぞえ画廊 福岡店ではただ今「西洋名画コレクション展」を開催中です。西洋美術の巨匠による選りすぐりの名画を一挙に展示しております。

     

    西洋名画コレクション展

     

     

    まず、黒壁で展示している作品は、今回の展覧会にて福岡店では初公開のコレクションとなります。ブログではその3作品を主にご紹介させていただきます。
     

     

    西洋名画コレクション展

     

    クロード・モネ (1840-1926)
    『ジヴェルニー風景』
    油彩 66x81.6 cm 1886 年

     

    青々とした緑と木々が生い茂るこのジヴェルニーの風景は、チューリップシーズン中にモネがオランダへの短期旅行から戻った後の、晩春または夏に描かれたようです。丁寧に構成されたパッチワーク風の異なる形や色、質感が見てとれますが、その描写は光のあたる部分により緻密に施されているのがおわかりでしょうか。モネはのちの妻となるアリス・ホシェテと8人の子供を連れて、1883年から住んでいた自宅から歩いて数分の小さな町、ジヴェルニーの東の丘の中腹にイーゼルを置いてこの風景を描きました。自然をいとおしみ、自分の持つ感性を表現し続けたモネは「私はまだ印象派だ、そしてそうあり続ける。」と言葉を残しています。本作品は1977年から2018年までニューオリンズ美術館に寄託された経緯もあります。

     

     

    西洋名画コレクション展

    -

     

    モーリス・ユトリロ (1833-1955)

    『シュヴァリエ・デ・ラ・バール通り、モンマルトル』

    板に油彩 74.3×51.8cm 1917-18年頃 

     

    ユトリロは生まれ育ったモンマルトルを中心に、繰り返し哀愁を帯びたパリの街角の風景を描きました。シュヴァリエ・デ・ラ・バール通りとは、サクレ=クール寺院へ続く道のことです。円形ドームを載せたサクレ=クール寺院は、普仏戦争での敗北を契機に計画されて、1910年に完成し、以後モンマルトルの象徴として親しまれています。このシュヴァリエ・デ・ラ・バール通りを行く人々は、漆喰が幾層にも塗りこめられた白い建物のあいだを抜け、礼拝のためにモンマルトルの丘を登って行きます。ゆるやかな道を中心に、街路が広がる奥行きのある構図は、ユトリロのもっとも得意としたもので、本作ではその構図が見事な調和を感じ取れます。

     

    ユトリロは印象派の画家が屋外に出て行ったのとは対照的に、独りアトリエに閉じこもり、パリの街並を撮影した絵はがきをもとに、同じ構図の作品を何枚も制作したといわれています。本作品は、1907—13年の「白の時代」から1913年以降の「色彩の時代」へ移行後に描かれており、ユトリロが傑作を最も多く生み出した1910年代の典型的な名品のひとつといえるでしょう。

     

     

     

    マルク・シャガール (1887-1985)

    『ラ・バスティーユ、習作』

    紙に油彩、ガッシュ 51.1 x 65.7 cm 1954年

     

    マルク・シャガールは帝政ロシア時代のヴィテプスク(現ベラルーシ共和国)のユダヤ系家庭に生まれました。1944年、亡命先のアメリカで愛妻ベラを喪った後、パリに戻って67歳の時に描いた『ラ・バスティーユ』。ベラの死から10年の月日が経っていました。故郷ヴィテブスクを象徴する赤い牛の胴体部分にパリのバスティーユ広場の風景が描かれ、全体はシャガールの青で包まれています。愛と情熱の赤い風景に浮遊する恋人たちや、恋人に捧げる花束も描かれています。これらは、シャガールの作品に登場する最も代表的なモチーフの数々で、シャガールの一つの時代の要素を完璧に収めています。版画制作のために描いた習作と思われ、同じ構図の版画作品が存在します。

     

    展覧会では4点のシャガール作品を特集しており、彼の半生を象徴する各時代の名画をご覧いただけます。

     

     

    西洋名画コレクション展

     

     

    「西洋名画コレクション展」はご好評につき、会期を延長し5月15日(水)まで開催する運びとなりました。巨匠の作品一点一点を間近にじっくりとご覧いただけます。ガーデンには色とりどりの花が咲き、初夏の日差しを浴びて一番美しい頃合いです。この機会にぜひ、みなさまのご来廊をお待ちしております。

     

     

    西洋名画コレクション展

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM