<< アートフェア アジア福岡2019 | main | 【福岡店】オーガフミヒロ展開催中です! >>
2019.10.10 Thursday

9月14日〜29日 小松孝英個展-SATOYAMA- が開催されました

0

    みぞえ画廊福岡店にて、9月14日〜29日 小松孝英個展-SATOYAMA- が開催されました。

     

     

    小松孝英の代名詞である蝶を描いた作品の他、近年取り組み始めた抽象画の作品を展示。

    抽象画の作品は、タイトルに「酸化」の2文字が使われることが多く、その名の通り、使用されている銀箔が酸化していく過程も、作品の一部として制作されています。

     

     

    左は「水と酸化」というタイトルです。絵の下に置いてある箱も作品で、これは鉄で作られています。

    右は「土と酸化」というタイトルで、絵の下の箱は、陶器で作られています。鉄は水と酸素に触れることで、また陶土は酸素のある所で焼くことで、まったく別の物のようにも思えるほどに変化します。

     

     

    生物の多様性にも言及するという、小さな生き物を描くシリーズは始めて長く、内外で高く評価されています。

    SMBC信託銀行が日本橋支店にアート作品を見ることのできるスペースをスタートさせたとして話題となっている「アートブランチ」でも、同シリーズの作品が2点展示されています。こちらは2020年3月27日まで。

     

    オープニングレセプションにはたくさんのお客様にご来廊頂きました。

    特に、新たな試みの抽象画の作品は注目を集め、この日のうちに売約が決まる作品も。

    小松孝英先生が監督・脚本を務める「塩月桃甫」ドキュメンタリー映画のための撮影クルーもパーティー会場にて撮影を行い、いつものレセプションとはまた一味違った内容となりました。

     

     

    写真右)みぞえ画廊が偶然手に入れた塩月桃甫の作品は、小松先生がこの画家に魅せられるきっかけとなりました。歴史とロマンの奥深さのある画家の作品に皆様が興味を持って説明を聞いている様子を撮影。

     

    展覧会最終日まで、小松先生を訪ねて、また新作を楽しみにしていた方々が、続々とお越しになりました。

    ご来廊頂き、誠にありがとうございました。

     

    スタッフ

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM