<< 9月14日〜29日 小松孝英個展-SATOYAMA- が開催されました | main | ART TAIPEI 2019に出展しました! <前編> >>
2019.10.18 Friday

【福岡店】オーガフミヒロ展開催中です!

0

    このたびの台風19号の被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
    被災された皆様が、一日も早く平常の生活に戻ることができますようお祈り申し上げます。

     

     

    10月12日(土)より、オーガフミヒロ展を開催中です。

    みぞえ画廊では初めての個展となります。

     

    初日のオープニングレセプションでは、自作の詩を音楽に合わせた朗読も行われました。天候が心配されましたが、用意した席はすべて埋まりました。

    2018年のMIZOE ART GALLERY Christmas Event でも演奏していただいた、アコーディオン奏者のyocchiさんの演奏に乗せて、それは物語のように幻想的な雰囲気でスタートしました。

     

    この日は、台風の影響もあり風が強く、詩と曲の合間には、吹きすさぶ風の音がかすかに聞こていました。

    朗読した詩の1篇を下記にご紹介します。

    森の子守唄


    夕暮れの光を頼りに
    森の小道をゆく旅人
    やがて陽は落ち
    夜のベールが旅人を包む
    月は雲に隠れ
    指の先まで闇の中
    はじめての森
    眠れそうにない
    ザザザ、ザザザと鳴る葉々や
    ポトリ、ポトリと夜露の落ちる音
    ホウホウ、ホウホウ森の賢者の指揮のもと 
    リリリ、リリリと虫の声 
    やがて旅人は深い眠りに落ちた
    雲は流れ月の光が森を静かに照らしはじめる
    旅人の明日の道をも

    画家を志す前は、絵本作家を目指していたというオーガフミヒロ先生。

    絵も、どこか童話のようで、ストーリーがあるように見えたりもします。

     

     

    この世に居場所がないと思っている人、世間に否定されてしまう人にも、この絵が届いたら・・・

    そんな想いが、画面から伝わってくるようです。

     

    朗読を終えたオーガ先生。

     

    朗読の後は、先生を囲んでの歓談の時間となりました。

    パーティー中にはyocchiさんによる楽しいサプライズ演奏も!

    そうして盛況のうちに、幕を閉じました。

     

     

    「絵が本当に輝き出すのは購入してくださった方が、ご自宅に飾ってから。描きこむのは7割程度で止めて、鑑賞する人の想いが入る隙間ができるように意識している」というオーガ先生。

    自身の絵をコレクションしている方のおうちに遊びに行ったときに、そこに数年前に買ってもらった作品が飾ってあるのを見て、自分が描いたものとは思えないほど絵に変化を感じたという経験もあったといいます。

    初日より、遠方から駆け付けた先生のファンの方が、1点購入してくださいました。

    その作品も、展覧会終了後には、お客様の手元でめきめきと育って行くのでしょうね。

     

    先生はその後二日間在廊されました。

    10月から、年内は毎月個展がある状態に突入し、さらに制作に打ち込んでいるそうです。

     

     

    新作、近作約40余点を展示しております。10月27日(日)まで。

    是非ご覧ください。

     

    スタッフ

     

    JUGEMテーマ:展覧会

    JUGEMテーマ:美術鑑賞

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM