<< 【福岡店】 春の名品展を開催しております | main | 【福岡店】望月菊磨展〜過去と現在〜開催中です >>
2020.03.14 Saturday

VOLTA NEW YORK 2020に出展しました!(1)

0

    JUGEMテーマ:展覧会

     

    Good to see you, New York!!

    福岡でのオープンから11年。東京でのオープンから7年...。

    この度、みぞえ画廊がニューヨークに初上陸を果たしました!

     

    【VOLTA】

    3月5日(木)〜3月8日(日)の5日間、【VOLTA NEW YORK 2020】に出展いたしました。

    2008年よりスタートしたこのVOLTAはコンテンポラリーアートを主軸としたアートフェアで、毎年世界各国から個性豊かなギャラリーが顔を並べます。今回は、53のギャラリーが会場に集結しました。https://ny.voltashow.com/about/

     

    【会 場】

     

    会場はハドソン川にほど近い「Metropolitan West」。​

    ハドソン川沿いは美術館や観光施設が点在するほか公園が多く整備されており、市民の憩いの場としても親しまれています。写真2枚目は「イントレピッド海上航空宇宙博物館」。少々見えにくいですが、実際に使用されていた航空母艦をそのまま博物館にしています。さすがニューヨーク...!なんというスケール...。

     

     

    みぞえ画廊のブースは#2.13。会場2階の中央あたりのスペースでした。

     

    ブース間の距離が近く、ギャラリー同士でも盛んにコミュニケーションがとられていた印象です。

    会場に来ていたアーティストの方たちも自由にブースを行き来していました。

    みぞえの正面ブースはトルコ・イスタンブールからのギャラリーで、気の良い中年男性とスタイリッシュな若い女性の二人組。おふたりともギャラリストでしたが、会期中ダンスミュージックを流し始めたりと、なんとも気さくで自由な方々でした。成程こういうフレキシブルさがあってもよいのかと、筆者は人知れずグローバルな刺激を受けておりました。

     

     

    【作 家 紹 介】

    みぞえ画廊からは日本人ならではの美意識が息づく2名のアーティストの作品を展示しました。

     

    ◆奥山民枝

     

     

    一人目は、あらゆるエネルギーを内包する壮大なコンセプトを持つ女性アーティスト、奥山民枝。

    今回展示したのは太陽と雲をモチーフとした作品。どこまでも引き込まれるようなその画面に、自然の神秘と“いのち”を見つめ続ける氏ならではの感性と技術が見事に結晶しています。慈しみと愛情にあふれながら、どこかミステリアスな雰囲気をまとう作品から目が離せません。

     

    奥山民枝の太陽の作品は、ある見方をすると不思議な現象を体験できます。

    それは太陽の中心部分を集中して見続けると、輪郭がぼやけていき画面が一色になっていくというもの。

    体験されたお客様は、

    「き、消えた!」

    「これはどういうことなの??」

    などと、ナイスなリアクションをたくさんしてくださいました。

    ご友人を連れて戻ってこられる方や、中には “Transforming Art”(変容する芸術)と素敵な表現をしてくださった方も。

     

     

    ◆弓手研平

     

     

    2人目は、アジアに根付く文化を掘り下げ独自の技法で描く、弓手研平。

    氏は人の営みをとらえるべく、我々が当たり前に踏みしめている「土」という存在にフォーカスを当て作品を描きます。1年掛けて50層以上も絵の具が塗り重ねられたその作品には、力強さと親しみやすさが共存する二つとない世界観が息づいています。
     

    作品を前にして、のぞき込むようにじっと目を凝らされる方が続出しました。

    何層にも塗り重ねられた油絵具のマチエールを見て、「これは本当に油絵具だけなのか?」と驚かれる方もたくさん。

    重厚感のある額との関連性を問われるお客様もいらっしゃいました。

    氏の代表的なモチーフになりつつある林檎の木の作品に対し、平和や安らぎを感じるといったコメントが多いことも印象的でした。

     

     

    コロナウイルスの懸念もあり、アジア人に対する偏見など国内外でネガティブなニュースが多く飛び交っていましたが、現地ニューヨークでは全くそんなことはありませんでした。VOLTA運営スタッフをはじめ、出展ギャラリーやお客様にも温かく迎えられ、VOLTA NEW YORK 2020は幕開けとなりました。当初の半分の人数(3名)で乗り込んだニューヨーク!もはや運命共同体でした。次回は会場の様子や、オープニングパーティ、同時開催されていたアートフェアについてご紹介したいと思います。

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM